2004年 12月 13日 ( 1 )

無料アカの一日



軍資金は手に入ったので、後はさっさとレベルを上げてしまおうということで、
エリムに降り立つと、どっからかGMの声がする。

たぶんサンタ帽を配っているんだろう。

俺はβ時、引退した知り合いにサンタ帽をもらったので、別に必要無いんだけど
まぁ2個持っててもいいよねと思い、レベル上げに行く前にもらいにいくことにした。


街を走り回るGMを、必死の形相で追いかけるプレイヤー達。
すべてはサンタ帽のため。

やっと捕まえたところで、GMは1列になってくれと言う。


b0055412_446942.jpg










最後尾が見えない程人がいたようだ。
全員に渡すつもりなんだろうか。



b0055412_4473978.jpg









ちゃっかり前のほうに並んでいた自分は大丈夫だった。

しかし、もらったところで無職の1レベルが装備できるはずもなく、
みんなが装備して喜んでいるのを眺めているしかなかった。

ちなみにその場にいた人は全員サンタ帽もらったんだと思う。たぶん。遅れた人はだめっぽかったけど。
意外と量はあるようだ。
サンタ帽がもらえねぇぇぇ!!なんてあんま心配する必要は無いのかもしれない。




サンタ帽を手に入れることができたところで、当初の目的だったレベル上げにとりかかる。
知り合いに手伝ってもらって、斬られた花→アデルクエと順調にこなしていく。







b0055412_4533421.jpg








途中エリムに寄ると、おねえちゃんと感動の再会。
お小遣いをくれるらしい。









b0055412_4555119.jpg


これは墓地の収集品だなぁ。
まぁ売れば多少お金になりそうだぁ。










b0055412_4564223.jpg











激しく微妙な物をくれたおねえちゃんには、お返しに採れたてのサンタ帽をあげよう。

・・・なんか割に合わない気がするけど、似合うから許す。

おさげって怖い。















b0055412_4583070.jpg









その後、なんとか16レベルに到達。

















b0055412_4591339.jpg












マデリンへ行くと、開会式が始まった。



だがしかし今回、話せる知り合いが少ない。

主催者が説明してるところでオープンで騒ぐのが迷惑なのは身に染みてるし、
かといってPTも組めないし、ギルドにももちろん入っていないわけで、
この人数の中で、実は孤独だということに気づいた俺は、
黙ってしばらく流れていくログを見つめていたんだけど、
なんか異常に虚しくなってきたので、5分でやめた。

仕方ないのでご飯でも食べてゆっくり待つことにした。

ほとんどモニタ見てなかったので、話しかけても反応無かったと思います。
話しかけて無視された人いたらごめんなさい。









b0055412_554121.jpg














説明を兼ねた開会式が終わり、一行はオームが倒されるのを待ってギア部屋に突入。

自分の番が来るのを待つ。







b0055412_582732.jpg











イベントだということを察知してあえて狩らないのか、人は少なく、
フリーのギアがなかなか大量に放置されていた。









b0055412_592732.jpg












このギアの大群をうまくかわし、8つのアイテムを集めてゴールへ向かう。
まぁ、ギアは動かなくても実はアクティブだったりするのでそれなりの緊張感はある。











b0055412_5103119.jpg








無事ゴールできた。

だてに高貴天使に死んだ振りで勝負仕掛けてたわけじゃないぜ。









b0055412_513043.jpg












マデリンへ戻って表彰式を兼ねた閉会式。











b0055412_514159.jpg









ゴールの賞品としてバラをもらったので、
バラをバラ撒いてちょっと手の込んだ告白をしてみる。


















b0055412_515519.jpg










システムに却下された











b0055412_5161740.jpg









その後は3人で雑談。

しらゆきさんがオーラ+6を持っていたので、

「いいオーラですね」
「その輝きがいいよね」

と、褒めていると、しぶしぶダイアを突っ込むとか言い出した。
たぶん、俺の本心がわかったんだと思う。

彼女のオーラは見事、青く輝く+3へと進化した。
ごめんよ。



そして同じくその場にいたピコさんがエレン+7を持っていたので、

「いいエレンですね」
「なんていうか素敵だよね」

また褒め続けてみたが、ダイアはだめだと言われた。ちっ・・・。

仕方ないので太陽盾+6を褒めてみると、こっちはダイア入れてくれることになった。
そうこなくちゃな。

見事、青い太陽盾が出来上がった。

ご・・・ごめんなさい(爆



実はピコさん、どうも+7を今まで成功させたことが無いらしい。
これは悪いことをした。

お詫びに 「絶対成功すると思ってやり続ければいつか絶対成功するもんですよ!(だからもう一度やってごらん)」 と、
ダイア精錬の心得を説いてみたら、ガリ翼+6にダイア入れる覚悟を決めたらしい。
そうそう、そうこなくちゃな!

結果は、成功した。

たぶん、喜んでくれたと思います。






b0055412_536113.jpg











最後は墓地に埋葬されておしまい。

またいつか会おう。
[PR]
by check_mater | 2004-12-13 05:40 | シール日記